江の島名所二十七景                 ⇒江の島伝説に戻る



①片瀬江の島駅
 今しか撮れない小田急江ノ島線の終点駅の竜宮城駅舎!
 竜宮城をイメージした個性的なデザインで、地元住民や駅を訪れる観光客に長年親しまれてきました駅舎が約90年ぶりに建て替えられることになりました。
駅舎の老朽化と駅前広場の再整備によるため着工は未定ですが竣工は2020年のオリンピックに合わせる予定。
②江島神社護鎮座記念龍灯籠
 五頭竜と弁財天の伝説の島「江の島」は、鎌倉時代までは神島として普段は入島が禁止されていました。その後、江戸時代にはいる禁令がとかれ、弁天信仰の地として江戸庶民の信仰場所として人気を博しました。この伝説と信仰の島へ入る「江の島弁天橋」の入口に、
「欽明天皇13年(552年)のとき、突然海底から浮き上がったといわれる江の島湧出の時(江島縁起)から数え、1450年」を記念して、平成13年(2001年)に建てられたものです。
伝説の島への入場口にふさわしく、来島者社を迎える二対の龍灯籠は神域に入る参拝人の心気を引き締めてくれます。
③江の島弁天橋
 内地と江の島を繋ぐこの橋は車道と人道に分かれ、人道を江の島弁天橋と云い、昭和28年に竣工されました。なお、車道は江の島大橋と云い、昭和37年に竣工されました。
それ以前の弁天橋は1891年(明治24年)に、片瀬側砂浜から江の島を結ぶ橋として架けられ、当時は「江の島桟橋」と呼ばれていました。一時時期、1922年(大正11年)に県営の橋となり、渡橋料「金二銭也」がとられ、その後車道竣工に伴い渡橋料は無料となりました。
1923年(大正12年)9月1日大正関東地震による津波で県営桟橋流失するなど、自然の猛威にさらされた歴史を持つ弁天橋ですが現在の橋になり交通の不便はなくなりました。橋の途中には岩屋へ直行できる「べんてん丸」の船乗り場があります。
④青銅の鳥居
 江の島弁天橋を渡ってすぐ正面、弁財天店仲店通りの入口にある大きな青銅の鳥居は、1747年(延享4年)に建立され、1821年(文政4年)に再建されたものです。名文には 「鋳物師:粉川市正藤原国信、世話人:浅草新鳥越の八百屋喜四郎、願主:新吉原の扇屋宇衛門」etc.etc.」数多くの寄進者名が彫られ、江戸時代の信仰の広さを今に伝えています。藤沢市の指定文化財。
⑤江の島弁財天仲店通り
 江の島弁財天仲見世通りは、江島神社へ続く参道にある仲見世通りで、旅館やお土産屋、食堂などが数多く連なっています。道は地元で宿道と呼ぶ緩やかな上り坂でレトロ感いっぱいの通りです。。
⑥旧岩本院(岩本楼)
 鎌倉時代宿坊であった「岩本坊」は、のちに「岩本院」となり、江の島・三宮の総別当職を務めました。この由緒ある院は、文久2年、「岩本院の稚児あがり、普段着なれし振袖から、髷も島田に由比ヶ浜」の台詞(せりふ)で有名な、河竹黙阿弥の「白浪五人男」の舞台として取り上げられました。ちなみに、歌舞伎の白浪五人男に登場する「弁天小僧」は、岩本院の稚児がモデルであるとも言われています。その他にも、芝居、講談、小説など、数々の名作に岩本院の名は取り上げられ、740年余りの長きにわたって広く世に語り継がれてきました。国の登録有形文化財であるローマ風呂があります。
⑦江の島弁財天道標
 江の島弁財天道標は、管を用いて鍼をさす管鍼術(かんしんじゅつ)を、江の島で考案したという杉山検校が寄進したと伝えられています。
現在藤沢市内外に10数基が確認され、市内所在のうちで12基が市の重要文化財に指定されています。
この道標は、いずれも頂部のとがった角柱型で、その多くが、正面の弁財天を表す梵字(ぼんじ)の下に「ゑのしま道」、右側面に「一切衆生(いっさいしゅじょう)」、左側面に「二世安楽(にせあんらく)」と彫られています。
この文言は、江の島弁財天への道をたどるすべての人の現世・来世での安穏・極楽への願いが込められています。
⑧杉山検校の墓
 杉山和一(すぎやま わいち、慶長15年(1610年) - 元禄7年5月18日(1694年6月10日))は、伊勢国安濃津(現在の三重県津市)出身の鍼灸師。 杉山検校は、江ノ島の弁財天で21日間の断食をし、祈願したところ、その満願の日、帰り道にこの石につまずき、その時体を刺すものがあったので確かめてみると、松葉の入った竹の管だったいいいます。この出来事により、管鍼(かんしん)の技術を考案するきっかけとなったといわれています
検校であることから「杉山検校」とも称されます。鍼の施術法の一つである管鍼(かんしん)法を創始とした和一は、徳川5代将軍綱吉の信頼を得て、鍼治療をした褒美に江戸本所一つ目に領地を得ました。
1693年(元禄6年)、綱吉の命により、鍼・按摩技術の取得教育を主眼とした世界初の視覚障害者教育施設とされる「杉山流鍼治導引稽古所」を開設しました。
 尚、「検校」(けんぎょう)という名称は、盲官の最高位のことです。
⑨福石
 上記の杉山検校和一がつまずいた石。この時杉山和一は倒れ気を失ってしまいました。すると、夢の中で美しい5色の雲にのって弁財天が現れたので、手を合わせて拝もうとしたとこら、何やらチクチクと身体を刺すものがありました。そこで夢から覚め、手にとってみると松葉の入った竹の管でした。 これにヒントを得て管鍼(かんしん)の術を考案してその元祖となり、それによって徳川綱吉の病を治療し、関東総検校に栄進したといわれています。今でも福を授けてくれる霊石として訪れる人がたくさんいます。 
⑩児玉神社
 明治時代の軍人・児玉源太郎を祀った神社で、かつて台湾総督として台湾の近代化に努力した縁により台湾の有志から贈られた、口の中の玉が回る名品の狛犬が有名。(雄が銭を持ち、雌が子供を持っていて、口の中で石の玉を転がしている名品です)
⑪江島神社「辺津宮」
旧下之宮。江島大神(三女伸)の一人田寸津比賣命(た ぎつひめのみこと)を祀る。建永元年(1206年)源実朝が創建。権現造の社殿は延宝3年(1675年)に再建されました。奉安殿には八臂弁財天と妙音弁財天が安置されています。
⑫奉安殿
奈良の法隆寺夢殿をモデルに建てられ、 源頼朝が、奥州平泉の藤原秀衡調伏のために、文覚に命じて勧請したと伝わる(もっとも古い部類に属する)八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と江戸時代に寄進された裸弁財天(はだかべんざいてん)そして十五童子などが収められています。
⑬八坂神社
江島神社境内末社の八坂神社は、江戸時代まで「天王社」と呼ばれていました(明治6年(1873年)に八坂神社と改称)。御祭神の建速須佐之男命たけはやすさのおのみことは天照大御神の弟神ですが、その御神格が非常に猛々しい為、疫病を始めとする様々な厄災を祓う神様として信仰されています。伝承は、その昔江の島の海で漁をしていた大海士たいかいし(素潜りの漁師の事で江の島独自の呼び名)が、岩屋沖に沈む須佐之男命の御神像を引き上げました。この御神像は、対岸の腰越の小動岬こゆるぎみさきに鎮座する小動神社で祀られていたものと判明しましたが、江の島に祀られる事となりました。
⑭の1沼田頼輔の歌碑

沼田頼輔(1867-1934)は江戸時代最後の年に生まれ、昭和初期まで活躍した紋章学者です。1961年(昭和36年)に建立されました。「さながらに生けるが如く見まつりぬ御神ながらも肌ゆたかなり」
⑭の2宋の古碑
源実朝ゆかりの碑です。1204年(元久元年)に源実朝の命を受けて宋に渡った良真が、宋の慶仁禅師より伝えられたという石碑です。その年月を感じさせるかのように摩滅しています。
⑮江島神社中津宮
中津宮は、市寸島比賣命いちきしまひめのみことをお祀りしています。
中津宮は、もとの上之宮で、文徳天皇仁壽三年(853年)に慈覚大師じかくだいしが創建。元禄二年(1689年)に、五代将軍・徳川綱吉により、本殿・幣殿・拝殿からなる権現造りの社殿が再建されました。現在の社殿は、平成八年(1996年)の全面的な改修によるもので、元禄二年当時の朱色が鮮明な社殿を再現しています。
平成二十三年(2011年)には幣殿、拝殿の床板を張り替え、御札授与所も再建され、社殿脇には水琴窟を構えた庭園が開園しました(開園時間は午前9時~午後4時/無料)。また、境内に奉納された石燈籠からは、江戸時代における商人・芸人・庶民の信仰の深さをうかがい知ることができます。
また、かわいらしい朱色の社殿が目を引く中津宮は、江島神社の縁起である財天さまにあやかり「もっと奇麗になりたい!」「美しい恋をしたい!」と願う女性のパワースポットとして、密かな人気を集めています。
⑯サムエル・コッキング苑
横浜在住のアイルランド人貿易商のサムエル・コッキングが金亀山与願寺(現在は神仏分離され江島神社)の菜園敷地3800坪を買収。1882年(明治15年)植物園として開園した、日本で3番目に古い植物園です。この後、時代の変遷や1923年(大正12年)の関東地震により、荒廃しましたが、1947年(昭和22年)4月1日 、 江の島を含む鎌倉郡片瀬町が藤沢市に編入され、藤沢市は江の島の観光地開発に乗り出しました。
2003年(平成15年)1月 に 旧江の島灯台に隣接して新たに建設された江ノ島電鉄所有の江の島展望灯台がオープン。その後、1951年に建てられた江の島灯台は解体されました。その新しい施設の中で、同年4月29日 に 整備後、藤沢市の公園施設「江の島サムエル・コッキング苑」としてオープンしました。
マイアミビーチ広場といわれる 東洋のマイアミビーチ片瀬海岸からヨットハーバーを見渡すウッドデッキの広場には、日本初のフレンチトースト専門店LONCAFEが営業を行っています。またマイアミビーチ市の売り物であるアール・デコをイメージしたモニュメント内には同市から贈られた「友好の鍵」が納められています。
⑰江の島大使
江の島にはかつて552年に起源をもつとされる神仏習合の金亀山与願寺があり、また、814年には弘法大師空海が参拝し社殿を創建したと伝えられています。しかしながら、明治維新期の廃仏毀釈や神仏分離令により、与願寺の神道部分は江島神社となって存続する一方で、寺は廃され僧侶は全員僧籍を離れて神職となりました。江の島大師は、島から仏教寺院がなくなって百数十年を経た1993年(平成5年)、1964年(昭和39年)に廃業した旅館「江の島館」跡地に、最福寺 (鹿児島市)の関東別院として創建されました。本尊は不動明王で、室内にある像としては国内最大の高さ6mの威容を誇り、赤不動とよばれています。





享禄4年(1531年) - 江の島上之坊を岩本院が兼帯。
天文12年(1543年) - 蜷川康親、江の島岩本坊へ神馬を寄進。
天文18年(1549年) - 北条氏康、上之宮および下之宮の修造に際し、白糸20斤を寄進。
天文20年(1551年) - 北条綱成が、江の島岩屋内における鳩の殺生を禁止。
永禄6年(1563年) - 蜷川某、岩本院に制札を掲げ江の島参詣衆より関役を取らせる。
天正7年(1579年) - 北条氏照、岩本坊に不入・留浦など5か条の特権を認む。
慶長5年(1600年) - 徳川家康参拝。 (右上図:徳川家康)
寛永17年(1640年)- 岩本院と上之坊間で、利権争いが起こる。その結果、相続権・財政権・後任選任権などを得た岩本院は、幕府から朱印状を手に入れることになり、上之坊を奴属化させることに成功。
慶安元年(1648年)-岩本院、京都仁和寺の末寺となる。
慶安2年(1649年)-岩本院、徳川家光より「江島弁財天境内等諸役免除」の朱印状を受ける。
慶安3年(1650年)- 本院、江の島利権支配確立。
延宝2年(1674年)-徳川光圀参拝。 (右:徳川光圀像-水戸市)
江戸時代 - 江の島で弁天信仰が盛んになり、江戸から多くの町民が訪れ賑う。特に弁才天は音曲をつかさどる神として知られたため、検校など盲人音楽家や歌舞伎役者なども数多く参拝した。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の岩本院は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。 関東総検校(盲人の役職の最高位)となる杉山和一が管鍼術(鍼治療の一種)に開眼した場所として知られ、盲人の信仰も厚かった。
東海道藤沢宿から江の島に至る「江の島道」と呼ばれる道筋には、和一により寄進された道標が数基現存している。後に「日蓮宗の奇跡が起きた島」(奇跡の落雷により)としても有名になる。
延宝3年(1675年) - 下之宮(現辺津宮)の本殿、再建される。
元禄2年(1689年) - 中津宮が再建される。 三神社(岩本院・上之坊・下之坊)弁財天総開帳。この年が開帳の始まりとされる。
元禄3年(1690年) -杉山和一、下之宮(現辺津宮)の社殿再興。
元禄5年(1692年) -杉山和一、江ノ島弁才天の神徳を受け護摩堂を建立。
元禄6年(1693年) -杉山和一、下之宮(現・辺津宮)の三重塔を建立。
元禄7年(1694年) -杉山和一、没。江の島に笠塔婆型墓、建立。
元禄16年(1703年)-元禄地震。東端の小島、聖天島が隆起により半島状になる。
延享4年(1747年) -江島神社の青銅の大鳥居創建。
宝暦11年(1761年)-この年より7年に一度、相州江の島岩屋弁財天開帳が始まる 。
天明7年(1787年)-江の島近在の風流人12人が一日江の島に遊び、「相州・江乃島八景」を選んで漢詩と和歌を添え上之宮へ奉じる。 「岩屋之晴嵐」「江島寺晩鐘」「小児淵夜雨」「西浦之夕照」「東浦之帰帆」「金亀山秋月」「鵜島之落雁」「両山之暮雪」
寛政2年(1790年) - 中津宮の鳥居再建。
享和3年(1803年) - 酒井抱一、奥津宮拝殿天井の「八方睨みの亀」を描く。
文化元年(1804年) - 姫路城主 酒井雅楽頭源忠道が中津宮境内に「江島弁財天女上宮之碑」を建立。
文政2年(1819年) - 江戸・芝の講中、岩屋道道標を建立。
文政4年(1821年) - 江島神社の青銅の大鳥居、再建。
天保12年(1841年) - 中津宮参道の古帳庵夫妻の句碑、建立。
天保13年(1842年) - 奥津宮社殿、再建。
弘化元年(1844年) - 辺津宮の境内社、天王社(現・八坂神社)、再建。
嘉永4年(1851年) - 江島神社奥の院の鳥居、稚児ヶ淵への下り口に建立。
文久元年(1861年) - 中津宮の社前にあった竜宮城の門と同様な「不老門」を再建。
文久2年(1862年) - 河竹黙阿弥作の歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)(弁天娘女男白浪、通称「弁天小僧」)」江戸中村座で初演。
(右:弁天小僧映画ポスター-美空ひばりさん)
慶応元年(1865年) - 長堀検校ら、辺津宮の朱塗りの大鳥居の脇に大型の狛犬を寄進。
明治元年(1868年)9月21日(11月5日)-神奈川県となる。
明治6年(1873年) - 神仏分離令により、金亀山与願寺は廃され、神道部分が弁財天信仰を引き継ぎ、江島神社となる。辺津宮の境内社、天王社、八坂神社と改称。江の島に江島学舎が開校。旧岩本院、旅館「岩本楼」として開業。
明治8年(1875年) - 東大教授・ヒルゲンドルフが江の島で貝を買い、その後、オキナエビスが新種であることが分かる。
明治10年(1877年) - エドワード・S・モースが、江の島にシャミセンガイ研究のために江ノ島臨海実験所を設営した。江の島は日本初、海洋生物学発祥の地となる。


このページの先頭へ



江島神社
蟇 石

絵馬
亀石、イチョウのご神木
奥津宮
稚児ケ淵